「わずか3分でふるさと納税はこちら!」

2019年01月30日

静岡県小山町 ふるさと納税再開はいつ?

昨年末、「ふるさと納税」関連で、多くの人に注目された自治体のひとつに、静岡県小山町のことをあげることができます。

それは、ふるさと納税の寄附者に対して「JCBギフトカード」「Amazon ギフト券」などの金券類を(4割という高還元率で)返礼品として提供し続けていたからです。


 syouhinken.png


多くの人が年末の “駆け込みふるさと納税” 候補のひとつとして、静岡県小山町をキープしていたことでしょう。


 昨年の記事はこちら >> ふるさと納税の返礼品が最後まで決められない場合の解決方法


しかし、既にご存知の通り、これらの金券類を返礼品として取り扱うことは、(禁止されているわけではありませんが)総務省の指針(通知)に反することでした。

さらに言うと、返礼品の還元率は「3割以内が望ましい」という総務省の見解も打ち出されていたのです。


そういったこともあり、小山町は、当然ながら “総務省の怒り” をかなり買っていたわけですが、その問題(?)の返礼品は今、どうなっているのか調べてみたところ

 小山町自体が、見事に姿を消してしまっているのです。

Amazon ギフト券などの返礼品が掲載されていたのは、ふるさと納税サイト「ふるなび」の中の静岡県小山町のページでした。

そして、小山町は「ふるなび」の他にも

 ・ふるさとチョイス
 ・楽天ふるさと納税
 ・ふるさとプレミアム
 ・ふるまる

の中に、自身の(ふるさと納税の)ページ展開をしていました。

しかし、現在、これらのサイトを探して見ても、静岡県小山町のページを見つけることはできません。


そして、唯一ページが現存している「小山町ふるさと納税特設サイト」の方には、以下のような気になる文書が掲載されています。

小山町ふるさと納税の受付中止について
(シティプロモーション推進課)

1 概要
小山町のふるさと納税の受付を、今後の準備のため平成31年1月1日から当面の間、中止いたします。

2 受付中止期間
平成31年1月1日(木)から当面の間

3 その他
再開については、決まり次第お知らせいたします。


単なるサイト(ページ)のメンテナンスにしては、もう、かれこれ一ヶ月近くも経ちます。

昨年、総務省は「通知に従わない自治体は “制度の対象外” にする」と宣言していましたが、まさかそれが実行されたということでしょうか。

だとしたら、あまりに可哀相です。


静岡県小山町のふるさと納税再開はいつになるのでしょうか?

一日も早い再開が望まれます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お読みいただきありがとうございます。 ヾ(╹◡╹)ノ゙

このブログはランキングに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援よろしくお願いします。
    ↓         ↓


ふるさと納税 ブログランキングへ


posted by ふるさと納税 at 00:39 | ふるさと納税 ニュース

2019年01月07日

ふるさと納税 ワンストップ特例申請は1月10日 消印有効?

ふるさと納税の「ワンストップ特例制度」を利用すると、確定申告をしなくても税金の控除を受けることができます。

そして、制度を利用するためには「寄附金税額控除に関わる申請特例申請書」という “ワンストップ特例申請書” を寄附先である自治体に送付しなくてはなりません。

その締め切り(提出期限)は「1月10日まで」とされています。


この「1月10日」というのは、「必着」でしょうか? 「消印有効」でしょうか?


 yagi_yuubin.png


例えば、「楽天ふるさと納税」では、この点につき次のように説明されています。

【ワンストップ特例申請の受付期間について】
ふるさと納税をした年の1月〜12月の間に寄附をした分については、締切り(通常、翌年1月10日頃)までに自治体に届くよう、申請書と必要書類をお送りください。
正式な受付期間については、総務省などの情報をご確認ください。

 こちら >> ワンストップ特例制度について|楽天ふるさと納税


「1月10日 “頃” 」というのが気になりますが、「自治体に “届くよう” 」とありますので、どうやら「消印有効」ではなく、「必着」のようです。


ついでに、別のサイト(「さとふる」)ではどのように説明されているかを見てみると、以下のように書かれていました。

【申請方法 Step3:申請書類を自治体へ送付する】
Step1、2 で用意した申請書類を、ふるさと納税を行った先の自治体に送付します。
申請期限は、ふるさと納税を行った翌年の1月10日(必着)です。この期限までに、不備の無い状態で自治体へ到着するようにしてください。

 こちら >> ワンストップ特例制度について | ふるさと納税サイト「さとふる」


「さとふる」では、しっかり「必着」と書かれています。

そして、さとふるのページでは、自治体の “送付先住所” も検索できるようになっています。

これは、とても便利です。


年末に駆け込みでふるさと納税(寄附)を行った人は、1月10日までに着くように、できれば1月8日までにはポストに投函したいものです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お読みいただきありがとうございます。 ヾ(╹◡╹)ノ゙

このブログはランキングに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援よろしくお願いします。
    ↓         ↓


ふるさと納税 ブログランキングへ


posted by ふるさと納税 at 20:44 | ふるさと納税 手続き