CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】
旬の人気特産品ランキング

2019年11月19日

早い者勝ち 宮崎県有田牧場EMO牛 宮崎県西都市ふるさと納税

先ほど「楽天ふるさと納税」のランキングが更新されました。


 こちら >> すべてのお礼の品 総合ランキング


そして、その結果、第3位に “あの返礼品” が再登場してきました。


 楽天191119.jpg


宮崎県西都市のふるさと納税返礼品・宮崎県有田牧場の “EMO牛” こと「黒毛和牛 すき焼き用モモ・バラスライス」です。


 

 こちら >> 宮崎県有田牧場黒毛和牛<1.8kg>すき焼き用モモ・バラスライス


ふるさと納税のランキングを小まめにチェックしている方はお気付きかと思いますが、

この「宮崎県有田牧場の黒毛和牛」は、突然現れたかと思うとすぐに消える “早い者勝ち” の返礼品なのです。

宮崎県西都市のページでは、次のように説明されています。


※お待たせしました!!
ご好評につきご準備が間に合わず休止しておりましたが、受付を再開いたしました。
【1週間ごとの個数限定となります】
※毎週火曜日の午前中が週間個数の更新日となります。


今日が火曜日なので、「週間個数」が更新され、ランキング急上昇してきたというわけです。

ちなみに、この記事を書いている時点で、週間個数は
 残りあと160個です
となっています。


早い者勝ちですので、お急ぎください。


  【おすすめ】返礼品探しを効率化 >> ふるさと納税 けんさくナビ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お読みいただきありがとうございます。 ヾ(╹◡╹)ノ゙

このブログはランキングに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援よろしくお願いします。
    ↓         ↓


ふるさと納税 ブログランキングへ


posted by ふるさと納税 at 18:39 | ふるさと納税 人気

2019年11月16日

実は3種類 ふるさと納税返礼品 北海道白糠町のいくら醤油漬

このところ、各ふるさと納税サイトのランキングに必ずと言って良いほど入っているものに、北海道白糠町の「いくら醤油漬」があります。


 北海道白糠町_いくら醤油漬.jpg

 楽天ふるさと納税 >> 北海道海鮮紀行いくら(醤油味)【500g(250g×2)】【白糠町】
      ふるなび >> いくら醤油漬(鱒卵)【500g(250g×2)】
      さとふる >> いくら醤油漬(鮭卵)【500g(250g×2)】


同じ返礼品が、いくつものサイトでランクインすることはよくあることなので、別に不思議ではないのですが、同じグラム数なのに寄附金額に違いがあることが、まずは引っ掛かります。
(返礼品名も微妙に違います。)

具体的には、同じ500gでありながら、「楽天ふるさと納税」が12,000円、「ふるなび」と「さとふる」が10,000円となっているのです。


このようなときは「こちらのサイトから申し込んだほうが安い」と考え、安い方を選んでしまいがちなのですが、実は、今回に限っては、それは間違いだと思います。

正解は「楽天ふるさと納税」の12,000円の返礼品で、答えのヒントは「ふるなび」の商品説明の文中にありました。

「ふるなび」では、返礼品について次のように説明されているのです。

製造方法にこだわりつつも、お手ごろないくらをご用意しました。
大人気の『北海道海鮮紀行いくら』と同じ企業が製造しています。

この文章から、『北海道海鮮紀行いくら』が “人気の品” であることが分かります。

そして、「ふるなび」のいくら醤油漬けは “『北海道海鮮紀行いくら』と同じ企業が製造” しているのですから、『北海道海鮮紀行いくら』そのものではないのです。


その『北海道海鮮紀行いくら』の名前が、返礼品名にきちんと表示されているものはと言うと、それは、「楽天ふるさと納税」のいくら醤油漬けです。

 こちら >> 北海道海鮮紀行いくら(醤油味)【500g(250g×2)】【白糠町】

さらに、各返礼品の “産地名” を見ると、決定的な違いが一目瞭然です。

 楽天ふるさと納税 >> 北海道産 鮭卵
      ふるなび >> ロシア産 ます卵
      さとふる >> アメリカ産 鮭卵

「ふるなび」と「さとふる」は外国産で、加工をしているのが 北海道白糠町 だったのです。


つまり、同じ自治体(北海道白糠町)の同じ返礼品(いくら醤油漬)であっても、“実は3種類” の別々のものであったというわけです。


もちろんどれを選ぶかは個人の自由ですが、人気の『北海道海鮮紀行いくら』が欲しいのであれば、「楽天ふるさと納税」以外からは申し込むことができません。


ふるさと納税の返礼品を寄附金額だけで決めてはいけないという、よい例だと思います。


  【おすすめ】返礼品探しを効率化 >> ふるさと納税 けんさくナビ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お読みいただきありがとうございます。 ヾ(╹◡╹)ノ゙

このブログはランキングに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援よろしくお願いします。
    ↓         ↓


ふるさと納税 ブログランキングへ


posted by ふるさと納税 at 23:59 | ふるさと納税 ランキング

2019年11月12日

さとふる 確定申告 新サービス開始

ふるさと納税を行い、税金の控除を受けるには、翌年3月に確定申告を行う必要があります。


 税務署_確定申告.png


ただし、「寄附先を5つの自治体以内におさえる」など特定の条件を満たした場合、『ワンストップ特例制度』の対象となり、確定申告をしなくても、税金控除の恩恵を得ることができます。


 こちら >> ふるさと納税ワンストップ特例制度|ふるさと納税 はじめるナビ


そうした理由で、年末が近づいてくると、多くの人は、年内に寄附(ふるさと納税)をしたことのある自治体の返礼品の中から、限度額いっぱいまで寄附をしようとするわけですが、

じつは、これが 意外と大きな制約 になっています。


年末近くに、新たな返礼品(自治体)が登場してくることが、毎年恒例だからです。


では、どうすればよいでしょうか?


ひとつには、「寄附先(自治体)は5つ以内」という縛りを抜け出すために、素直に「確定申告をする」と決めてしまうことです。

そして、「確定申告をする」と決めて、いろいろと情報を探ってみると、さらに多くの情報を得ることができるものです。


そう考えて(私は毎年確定申告をしているのですが)あらためて情報を探ってみると、ふるさと納税サイト「さとふる」の中に有意義な情報を見つけることができました。

来年(2020年)1月を目処に「確定申告の新サービスを開始」すると言うのです。


 カンタン確定申告_さとふる.jpg

 こちら >> 5分でできる!カンタン確定申告 | ふるさと納税サイト「さとふる」


新サービスの特徴は、「ひとつの画面に入力するだけで確定申告書が作成できる」ことです。


 カンタン確定申告_さとふる_02.jpg


1月スタートなら、十分今年度のふるさと納税(来年申告分)に間に合います。


この新サービスの開始を当てにして、自治体(の数)に縛られず、自由に返礼品を探してみるのもよいかもしれません。


  【おすすめ】返礼品探しを効率化 ▸ ふるさと納税 けんさくナビ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お読みいただきありがとうございます。 ヾ(╹◡╹)ノ゙

このブログはランキングに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援よろしくお願いします。
    ↓         ↓


ふるさと納税 ブログランキングへ


posted by ふるさと納税 at 23:59 | ふるさと納税 確定申告