CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】
旬の人気特産品ランキング

2016年09月30日

ふるさと納税の時期

「ふるさと納税」そのものに締め切り日のようなものはありません。


しかし、ふるさと納税の目的は「税金の控除を受ける」ということです。

(返礼品の受け取りも目的のひとつですが。)


そして、そもそも何故ふるさと納税によって税金が控除されるのかというと、ふるさと納税の中身が「寄附」であるからです。


一定の寄付金は税金の控除を受けることができるのです。


そして、そのためには確定申告を行わなければなりません。


現在、ふるさと納税は「ワンストップ特例申請書」を提出することにより、確定申告は不要となりました。

しかし、ふるさと納税により税金の控除を受けるためには、この確定申告との関係で寄附を行うタイミングを決める必要があるのです。


具体的には、《12月31日》までに寄附を行う必要があります。


12月31日までのお金の出入りを翌年の3月15日までに報告するのが確定申告ですから、税金の控除を受ける寄付についてもこのタイミングに合わせて行う必要があります。


ふるさと納税の時期.jpg


また、12月31日までとは言っても、自治体(お役所)は12月29日から休みに入ります。

クレジットカードを用いた場合などは、寄附(入金)のタイミングに時間差が生じます。


そのようなことも踏まえて、十分に余裕をもって寄附を行ったほうが良いことは言うまでもありません。


また「返礼品をいつ受け取りたいのか」ということも、ふるさと納税を行うタイミングに関係してきます。


ふるさと納税とは?ふるさと納税 はじめるナビ





posted by ふるさと納税 at 19:00 | ふるさと納税 手続き