CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】
旬の人気特産品ランキング

2016年10月05日

ふるさと納税の返礼品の限度回数

ふるさと納税(寄付)の税金控除には上限額がありました。

つまり、この限度額に応じた寄付を行う必要があるのです。


  ※詳しくはこちら >> ふるさと納税の税金控除の限度額


では、限度額の範囲であれば、何回同じ自治体に寄付をしても、寄付をした回数だけの返礼品がもらえるのでしょうか?


実は、返礼品がもらえる回数は自治体によって異なっています。


何回も寄付をしても、《同じ年》 の2回目からは返礼品を送らない自治体もあるのです。


ですので、2回目以降の寄付については、各自治体の方針を事前にインターネットなどで確認しておく必要があります。


また、もしも2回目以降の寄付について返礼品がもらえない自治体の場合には、さらにもうひとつ確認をしなくてはならないことがあります。


それは、《同じ年》 を『暦年』でカウントしている自治体なのか、それとも、『年度』でカウントしている自治体なのかということです。


ふるさと納税の節税の対象期間自体は、1月1日から12月31日の『暦年』です。


これに対し、自治体の 《1年(=同じ年)》 を 4月1日から3月31日までの『年度』で設定している自治体の場合には、この「節税の対象期間」 との間にずれが生じてしまうのです。


一例をあげると、6月に1回目の寄付を行い、年が明けた3月に2回目の寄付を行った場合、『年度』でカウントしている自治体の場合、3月の寄付については、《同じ年》内の2回目とみなされますので、返礼品はもらえないことになります。


暦年と年度.jpg



ですので、1月から3月までの間に同じ自治体に寄付を行う場合には注意が必要です。


ふるさと納税とは?ふるさと納税 はじめるナビ

posted by ふるさと納税 at 17:03 | ふるさと納税 限度額