CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】
旬の人気特産品ランキング

2017年04月01日

ふるさと納税の返礼品が、寄附額の3割以下に?

本日付で総務省から各自治体に対して、「ふるさと納税の返礼品」に関する通知が発せられるようです。

その内容とは

 @ ふるさと納税の返礼品の価格について、“寄附額の3割以下” に抑える
 A 商品券など換金性の高いものや、貴金属など資産性の高いものを返礼品にしない
 B 返礼品の調達価格などを表示しないようにする

というものです。


通知の理由は、「ふるさと納税制度そのものの存在意義が問われる」というもの。

簡単に言うと、「返礼品が豪華過ぎる」ということです。


そして、この背景には、特産品などの返礼品を用意できない(用意しない)都市部の税収が減っているという事実があります。

一昨年は、東京都に納めるべき税金のうち249億円が他県に流出したとのことです。


しかし、納税者である我々としては、「他県への寄附」であろうが、「東京都への納税」であろうが、税金を納めていることに変わりはありません。

このように何か間違ったことをしているかのように言われるのは、はっきり言って気分のよいものではありません。


どうせ “どこかには納める税金” なのですから、返礼品が付いてくるほうが良いに決まっています。


ですから、その返礼品の還元率を3割に規制したところで、都市部の “税収減” 現象は変わらないのではないでしょうか。


基本的には、今までと変わるところはないような気がします。


困ることがあるとすれば、商品券や家電品などが “換金性が高い” という理由で、返礼品から無くなってしまいそうなことです。


  ふるさと納税返礼品|家電|楽天ふるさと納税


たしかに換金している人もいるでしょうが、純粋に、ふるさと納税を利用してテレビを買い(?)換えた人もいます。


宿泊券などの施設利用券も規制されてしまうのでしょうか。
(それこそ “ふるさと納税の存在意義” に反する気もしますが・・・)


いずれにせよ、今年のふるさと納税は、早めに動いたほうが良さそうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お読みいただきありがとうございます。 ヾ(╹◡╹)ノ゙

このブログはランキングに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援よろしくお願いします。
    ↓         ↓


ふるさと納税 ブログランキングへ




ふるさと納税とは?ふるさと納税 はじめるナビ

posted by ふるさと納税 at 12:57 | ふるさと納税 ニュース