CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】
旬の人気特産品ランキング

2017年07月21日

真珠は水産品か宝飾品か 三重県志摩市

三重県志摩市のふるさと納税の人気の返礼品リストに「真珠」があります。

志摩市の英虞湾が「真珠のふるさと」だからです。


  こちら >> 三重県志摩市のふるさと納税で選べるお礼の品 [ふるさとチョイス]


つまり、志摩市としては、地場産業による「水産物」として真珠を返礼品リストにあげているわけですが、総務省はこれを「宝飾品」とみなしたようです。

そして、例の “見直し要請” の通知が志摩市宛に発せられました。


総務省が規制する「貴金属などの資産性の高いものを返礼品にしない」という部分に抵触するということでした。


このニュースを目にしたのは、先々月末の話です。

そのときのニュースによると、志摩市は、「真珠を返礼品リストから削除しない考えを表明した」とのことです。


  こちら >> ふるさと納税:志摩市、返礼品の真珠「やめない」 - 毎日新聞


その後、どのようになったのだろうと思っていたところ、つい先日行われた志摩市議会の本会議では、総務省に対し「再考を求める意見書」を提出することが “全会一致” で可決されたそうです。


 三重県志摩市というと「伊勢志摩サミット」がまだ記憶に新しいところです。


上記毎日新聞の記事によると、「(ピーク時に160億円あった)真珠の生産高は、伊勢志摩サミットで注目されたことにより、やっと40億円まで回復した」 ところだったのだそうです。


そこに来て、この総務省の通知です。


毎回思うことですが、ふるさと納税は、地方を応援することが目的のはずなのに、総務省の通知が、ときどき逆の方向に向いてしまっていることがあります。


総務省が通知を発する理由は、(特産品などを用意できない)都市部の税収が減ってきているからです(と私は思っています)。

そこで、一部の自治体の「特産品」について「資産性が高い」などとして、見直しを要請しているわけです。


そして、今回の志摩市の件に関しては、志摩市から総務省に対し意見書が提出されるということなので、この後、どのような回答が返ってくるのかについて注目したいところです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お読みいただきありがとうございます。 ヾ(╹◡╹)ノ゙

このブログはランキングに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援よろしくお願いします。
    ↓         ↓


ふるさと納税 ブログランキングへ





人気ランキング


posted by ふるさと納税 at 00:23 | ふるさと納税 ニュース