CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】
旬の人気特産品ランキング

2017年12月30日

ふるさと納税 確実に今年度の税金の控除を受けるには

今、まさに「ふるさと納税」は、“最終駆け込み” の申込みが行われている時期です。

テレビのコマーシャルでは、「ふるさと納税は12月31日まで」と言っていますが、ここで注意しなければならない点が2つあります。

それは、

 @申し込んだだけでは、“寄附の手続き” は完了していない点
 A寄附の手続きのほかに、“税金控除の手続き” が必要な点

の2点です。


そして、ふるさと納税で、確実に今年度の税金の控除を受けるには @ の手続きが年内(12月31日まで)に完了している必要があります。


さらに言うと、@の手続きの前に、再度 “自分の寄附金額の上限(残高)” を確認しておくことを併せてお薦めします。

上限金額の確認は、ネットで簡単に行うことができます。


 こちら >> 2017年(平成29年)控除金額シミュレーター


自分の上限金額の確認が済んだら、実際に寄附を行いますが、そのとき(年末のこの時期)に重要になるのが、「決済方法」です。

選んだ決済方法によっては、12月31日中に手続きを行っても、実際の処理が年明けになってしまう可能性もあるからです。


結論から言うと、お薦めの決済方法は「クレジットカード」による決済です。

逆にお薦めできないのが、「銀行振込」です。


クレジットカード決済の場合は、決済の完了画面が出た時点で入金(寄附)が完了したことになりますが、銀行振込の場合は、例えばネットバンキングなどで12月31日の夜に振込み手続きを完了させたとしても、実際の振込が翌日以降になることがあるからです。


以下に、おもなふるさと納税サイトの「寄附の申込み手続き」に関する注意書きを示しておきます。

楽天ふるさと納税 の場合

●クレジットカードをご利用の場合
お支払い手続き後、カード会社のオーソリゼーションを通過した時点で手続き完了。
※ご使用のカードがオーソリゼーションを通らなかった場合、寄附のお申込みは無効となります。

●楽天バンク決済をご利用の場合
決済が終了した時点で手続き完了。

●銀行振り込みをご利用の場合
振込みの手続き後、自治体の口座に入金された時点で手続き完了。


さとふる の場合

※コンビニおよびペイジー支払いを選択した場合、それぞれ入金手続きが完了した日付が納付日となります。

※クレジットカード支払いの場合、「さとふる」で寄付申込み手続きを完了いただいた日が納付日となります。2017年12月31日中に寄付の申込を確定するボタンを押下頂ければ、「さとふる」へのアクセス集中によりクレジットカード決済の処理完了が翌0時以降にずれこんでも、地方自治体への寄付の納付日は2017年12月31日となります。尚、その場合、決済会社のシステムによっては、クレジットカードの決済日は2018年1月1日として処理される可能性がございます。


上記説明を読む限りは、「さとふる」のほうが、時間的に若干余裕がありそうな感じです。
(クレジットカード決済で12月31日23時59分までに「申込確定」ボタンを押せばOK)


 こちら >> さとふる






なお、「ふるさとチョイス」は自治体のホームページに誘導される場合があること、「ふるなび」は年末年始休業のアナウンスがされていることを踏まえると、避けたほうが無難かもしれません。


なお、年内に申し込みの手続きを完了させた上で、新年になってから「A税金控除の手続き」をすることも忘れてはなりません。

 ・ワンストップ特例制度をご利用の場合 ⇒ 1月10日まで
 ・確定申告をする場合 ⇒ 2月16日〜3月15日の間

が、控除手続きの期限となっています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お読みいただきありがとうございます。 ヾ(╹◡╹)ノ゙

このブログはランキングに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援よろしくお願いします。
    ↓         ↓


ふるさと納税 ブログランキングへ

posted by ふるさと納税 at 02:01 | ふるさと納税 手続き