「わずか3分でふるさと納税はこちら!」

2019年10月08日

ふるさと納税返礼品に粗悪品 宮崎県美郷町

「ふるさと納税の返礼品の一部に粗悪品が混じっていた」というニュースを本日、たびたび目にしました。

 宮崎県美郷町は7日、ふるさと納税返礼品として届けていた県産黒毛和牛について「ふさわしくない品質のものを届けた」として謝罪し、返礼品としての扱いを停止すると発表した。インターネット上で5日から、返礼品が「ほとんど脂身」との投稿や批判が相次いだ。(中略)これを受けて、美郷町は6日夜、町のフェイスブックに「一部の返礼品についてお騒がせしています。原因を調査中です」などと投稿。7日午前にはホームページ上で謝罪し、この返礼品の一時停止と、寄付者への確認作業を始めると発表した。牛肉は業者が直送しており、町側の調査に対し、責任を認めたという。
(「西日本新聞」記事より抜粋・引用)


問題となったのは、宮崎県美郷町の返礼品「宮崎県産黒毛和牛薄切り800g」


 宮崎県産黒毛和牛薄切り800g.jpg


現在、この返礼品情報は削除されているようですが、通常のお肉に比べて “脂身が多い” ものであったようです。

この件につき、宮崎県美郷町の公式サイトには【お詫び】の文章が掲載されています。


 こちら >> 【お詫び】ふるさと納税の返礼品について/宮崎県/美郷町ホームページ


テレビのニュースによると、原因は加工業者にあるとのことですが、現在は、当該返礼品を受け取った40名の寄附者の方々との連絡を取り、事態は収束に向かっているようです。


どうかこのまま、何事も無く、無事におさまって欲しいものです。


というのも、私はふるさと納税の返礼品の中でも「宮崎牛」に対する評価は “かなり高く”、今回の一件により、宮崎牛(あるいは 宮崎県黒毛和牛) “全体の” 評価が下がってしまわないかと心配なのです。

キーワード:



この手の(ネット)ニュースは、「ここぞ」とばかりに騒ぎを大きくしようとする “ネット民” の方々の格好の餌でもあります。

その一方で、宮崎牛は、かの「アカデミー賞(アフターパーティー)」も認めたほどの “日本を代表する食材” なのです。


 以前の記事はこちら >> アカデミー賞も認めた 宮崎牛


万が一にも、ふるさと納税の返礼品から、宮崎県黒毛和牛が消えてしまうようなことなどがないように祈るばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お読みいただきありがとうございます。 ヾ(╹◡╹)ノ゙

このブログはランキングに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援よろしくお願いします。
    ↓         ↓


ふるさと納税 ブログランキングへ


posted by ふるさと納税 at 02:01 | ふるさと納税 ニュース