CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】
旬の人気特産品ランキング

2019年12月31日

12月31日 ふるさと納税は何時まで

今年度分の税金から控除を受けるためには、ふるさと納税は12月31日中に完了させなければなりません。


 2019-2020.jpg


完了しないと “無効” というわけではありませんが、年を越えて完了となった分は、来年度の税金からの控除ということになります。


そして、「12月31日中」というと、通常は「12月31日の23時59分まで」ということです。

しかし、ふるさと納税の場合は、必ずしもそういうことではないようです。


 clock_1200.png


では、具体的に “何時まで” ふるさと納税(寄附)を行うことができるのでしょうか?


この件に関して私自身、毎年確認をするのですが、特に変更点もなく、大ざっぱに言うと

 @ ふるさと納税サイト から
 A クレジットカード決済 で寄附をする

ことにより、ほぼ “12月31日23時59分” ぎりぎりまで寄附を行うことができるのです。


ふるさと納税の寄附が完了するのは、自治体への入金が完了したときです。

そして、自治体自体が12月31日の23時59分まで営業していることは、まずありません。

しかし、「さとふる」や「ふるなび」、「楽天ふるさと納税」などの “ふるさと納税サイトと提携(契約)している自治体” に関しては、ふるさと納税サイトでの受付(入金)が完了した時点で、“自治体への寄附も完了した” とみなされる場合が多いからです。


そして、その次に問題となるのが、「支払方法」です。

というのも、例えば銀行振込にした場合、12月31日23時59分まで営業している銀行というのは、ほとんど無いからです。


 bank.png


この点につき、「クレジットカード支払」の場合は、クレジットカード会社での決済が完了した時点で相手方への入金も完了したとみなされる場合が多いので、12月31日23時59分ぎりぎりまでの寄附が行える可能性が高いのです。


そしてまた、この「クレジットカード決済」に関するスタンス(完了時期)については、ふるさと納税サイトによって微妙に異なっています。


たとえば「さとふる」の場合は

クレジットカード支払いの場合、「さとふる」で寄付申込み手続きを完了いただいた日が納付日となります。2019年12月31日中に寄付の申込を確定するボタンを押下頂ければ、「さとふる」へのアクセス集中によりクレジットカード決済の処理完了が翌0時以降にずれこんでも、地方自治体への寄付の納付日は2019年12月31日となります。尚、その場合、決済会社のシステムによっては、クレジットカードの決済日は2020年1月1日として処理される可能性がございます。

と “かなり柔軟な対応” を示していますが、

 こちら >> 年末年始に関する重要なお知らせ|さとふる


「ふるなび」の場合は

2019年のふるさと納税の申込期限は2019年12月31日23時59分までとなります。
システム処理の関係で、日付が変わる直前の申込は翌年の取扱となる場合がございますので、早めにご寄附いただきますよう、ご協力のほど、お願いいたします。

と、多少曖昧な表現となり、

 こちら >> 【重要】2019年ふるさと納税申込期限について|ふるなび


「楽天ふるさと納税」の場合は

お支払い手続き後、カード会社のオーソリゼーションを通過した時点で手続き完了。
※ご使用のカードがオーソリゼーションを通らなかった場合、寄付のお申込みは無効となります。

という表現になっています。

 こちら >> 年末のふるさと納税の注意点|楽天ふるさと納税


以上のことを考えると、12月31日のふるさと納税は

 @ 「さとふる」から
 A クレジットカード決済で行う

のが一番安心ということになりますが、一方で、大晦日23時59分近くの時間帯は、ネットが込み合っていることが当然に予想されます。


ということから結論を言うと、

12月31日のふるさと納税は
 なるべく早めに、クレジットカード決済で済ませる
のが一番ということになります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お読みいただきありがとうございます。 ヾ(╹◡╹)ノ゙

このブログはランキングに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援よろしくお願いします。
    ↓         ↓


ふるさと納税 ブログランキングへ


大手ふるさと納税サイト一括検索 >> ふるさと納税 けんさくナビ

posted by ふるさと納税 at 08:13 | ふるさと納税 手続き