CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】
旬の人気特産品ランキング

2020年04月12日

ふるさと納税 確定申告 いつ行なえばいいの?

今年度の確定申告の期限が、さらに延長されるような形となりました。

 確定申告の柔軟な取扱いについて.jpg
 (国税庁:令和元年分 確定申告特集


私自身は、つい先日、個人で行なっている事業の確定申告を兼ねて、申告を終わらせてきましたが、税務署に入ろうとしたところ、署員に「確定申告ですか?」と呼び止められました。


そして、次の質問が
 「書類は(完璧に)出来ていますか?」
というものでした。

「相談窓口のようなものを設けていないので、書類が出来ていないのであれば “帰って欲しい” 」というようなことなのです。


そして、
 「4月16日以降でも、確定申告は受け付ける」
ということでした。


「4月16日以降」というのが、いつまでのことなのかは分かりませんが、“外出自粛” の中、わざわざ出てきた人間を(用事を済まさずに)帰すのも変な話です。


そして、そのとき疑問に思ったのが、
 「ふるさと納税の申告に来た人もここで帰していいものか」
ということです。


私の場合は、「税金を納めに来た」わけですが、

“ふるさと納税の申告だけで” 来た人は、極端な言い方をすると、
 「お金(税金)を返してもらいに来た」
のです。


それを 「いつでもいいですから」 というのは、“変な話” です。


通常、ふるさと納税(と申告)を行なった場合は

 ・住民税 = ふるさと納税を行った年の翌年の6月に
 ・所得税 = 確定申告の際に指定した口座へ


還付されることになっています。


そう考えると、「6月までに確定申告をしておかないといけないのでは?」と考えるのは、ごくごく自然な発想です。


新型コロナウィルスの感染拡大が “緊急事態” であることは重々承知しています。


しかし、多くの人が金銭的(経済的)にも厳しい状況である今、「いつでもいいですから(=とりあえず、後回し)」的な対応が正しいものかどうか・・・。

入口での税務署員の対応に、(少しだけ)疑問を感じました。


 「ふるさと納税の確定申告は、いつまでに行なえばいいのでしょうか?」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お読みいただきありがとうございます。 ヾ(╹◡╹)ノ゙

このブログはランキングに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援よろしくお願いします。
    ↓         ↓


ふるさと納税 ブログランキングへ



ふるさと納税返礼品検索 >> ふるさと納税 けんさくナビ

posted by ふるさと納税 at 11:27 | ふるさと納税 確定申告

2019年11月12日

さとふる 確定申告 新サービス開始

ふるさと納税を行い、税金の控除を受けるには、翌年3月に確定申告を行う必要があります。


 税務署_確定申告.png


ただし、「寄附先を5つの自治体以内におさえる」など特定の条件を満たした場合、『ワンストップ特例制度』の対象となり、確定申告をしなくても、税金控除の恩恵を得ることができます。


 こちら >> ふるさと納税ワンストップ特例制度|ふるさと納税 はじめるナビ


そうした理由で、年末が近づいてくると、多くの人は、年内に寄附(ふるさと納税)をしたことのある自治体の返礼品の中から、限度額いっぱいまで寄附をしようとするわけですが、

じつは、これが 意外と大きな制約 になっています。


年末近くに、新たな返礼品(自治体)が登場してくることが、毎年恒例だからです。


では、どうすればよいでしょうか?


ひとつには、「寄附先(自治体)は5つ以内」という縛りを抜け出すために、素直に「確定申告をする」と決めてしまうことです。

そして、「確定申告をする」と決めて、いろいろと情報を探ってみると、さらに多くの情報を得ることができるものです。


そう考えて(私は毎年確定申告をしているのですが)あらためて情報を探ってみると、ふるさと納税サイト「さとふる」の中に有意義な情報を見つけることができました。

来年(2020年)1月を目処に「確定申告の新サービスを開始」すると言うのです。


 カンタン確定申告_さとふる.jpg

 こちら >> 5分でできる!カンタン確定申告 | ふるさと納税サイト「さとふる」


新サービスの特徴は、「ひとつの画面に入力するだけで確定申告書が作成できる」ことです。


 カンタン確定申告_さとふる_02.jpg


1月スタートなら、十分今年度のふるさと納税(来年申告分)に間に合います。


この新サービスの開始を当てにして、自治体(の数)に縛られず、自由に返礼品を探してみるのもよいかもしれません。


  【おすすめ】返礼品探しを効率化 ▸ ふるさと納税 けんさくナビ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お読みいただきありがとうございます。 ヾ(╹◡╹)ノ゙

このブログはランキングに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援よろしくお願いします。
    ↓         ↓


ふるさと納税 ブログランキングへ


posted by ふるさと納税 at 23:59 | ふるさと納税 確定申告

2018年02月27日

ふるさと納税の確定申告は3月15日まで

今年度のふるさと納税の確定申告は3月15日(木)までとなっています。


確定申告については、国税庁のホームページに「自動計算で楽々できる作成コーナー」のようなものが用意されていますが、実は、そこまで「楽々」ではありません。


 こちら >> 確定申告書等作成コーナー|国税庁


それは何故か?

ふるさと納税以外にも申告するものがある人を想定して作られたコーナーだからです。

自分の使用する(入力すべき)画面がどれなのかさえ分からないときもあります。


そのような方にお薦めなのが、ふるさと納税サイト「さとふる」の用意する「5分でできる!カンタン確定申告」のページです。


 こちら >> 5分でできる!カンタン確定申告


ふるさと納税のみを確定申告する人を対象としていますので、入口が分からずに迷うということがありません。

また、操作も簡単な4ステップで申告書類の作成までが行えるようになっています。

5分でできるカンタン確定申告.jpg


さとふるの会員でなくても利用できますし、会員になっておくと住所等の基本情報を何度も入力する手間が省けます。

また、さとふる以外のふるさと納税サイトで行った寄附金についても、さとふるのマイページで一元管理できるそうです。


本年度もふるさと納税を行う予定があるのなら、この機会にさとふるの会員になっておくのも良いかもしれませんね。

会員になるために費用は一切かかりません。


 こちら >> 「さとふる」でふるさと納税!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お読みいただきありがとうございます。 ヾ(╹◡╹)ノ゙

このブログはランキングに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援よろしくお願いします。
    ↓         ↓


ふるさと納税 ブログランキングへ


posted by ふるさと納税 at 15:35 | ふるさと納税 確定申告