CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】
旬の人気特産品ランキング

2016年10月27日

楽天でふるさと納税

「ふるさと納税」の目的は、自治体への寄附です。

しかし、実際には、「寄附をした自治体からどのような返礼品がもらえるか」ということが注目の的になっています。


そういう意味では、ほとんどショッピングと同じです。


インターネットショッピングの大手というとアマゾンや楽天市場を思い浮かべますが、実は、この「楽天市場」では、いつも通りのショッピング感覚で「ふるさと納税」を行うことができるのです。

  こちら >> http://event.rakuten.co.jp/furusato/


楽天市場でふるさと納税を行うことのメリットはおもに以下の通りです。

 1)楽天会員の人は、会員情報がそのまま使えるので、
   新たに寄附者としての個人情報を登録する必要がない。
   (会員情報と住民票記載の名前・住所等が一致している必要があります。)

 2)いつもの「楽天市場での買い物」と同じステップで寄附が行える。
   (クレジットカードも使えます。)

 3)楽天会員の人なら、同時に楽天スーパーポイントも貯まる。
   また、所有している楽天スーパーポイントが使える。
   (会員でなくても楽天市場からのふるさと納税は行えます。)

 4)ジャンルや金額などの条件検索、あるいはランキング形式など、
   楽天市場ならではの機能で人気の返礼品を探すことができる。


このように、楽天市場を利用すると、いつものショッピングと同じ感覚で「ふるさと納税」を行うことができます。


ただし、返礼品を受け取ったあとには、税金の控除を受ける必要がありますので、忘れないようにしなくてはなりません。

これを忘れると、ただのショッピングになってしまいます。


控除を受けるためには、別に自治体から送られてくる「寄附金の受領書」を使用します。

申告の際に、「ワンストップ特例制度」か「確定申告」かのどちらかを利用するのは他の場合と同じです。

 ※「ワンストップ特例制度」についてはこちら >> ふるさと納税と確定申告

posted by ふるさと納税 at 22:17 | ふるさと納税 ポータルサイト

2016年10月15日

「さとふる」でふるさと納税

ふるさと納税の人気は年々高まってきており、ふるさと納税を実施する自治体の数もかなり多くなってきました。

そうなると、逆に苦労するのが情報収集です。


書店でふるさと納税について書かれた雑誌を購入してみたところ、既に古い情報であったなどということも稀にあります。

そういう意味では、ネットを利用して、最新の情報を確認する必要があるのです。


そのようなときに役に立つのが、ふるさと納税を実施している自治体の情報をまとめた『ポータルサイト』と呼ばれるサイトです。


ふるさと納税のポータルサイトは、幾つかありますが、一番の基本となるのは、総務省の「ふるさと納税ポータルサイト」です。

  ※総務省のポータルサイトはこちら >> 「ふるさと納税ポータルサイト」

ふるさと納税を総括している総務省のサイトですから、情報は最新のもので、全ての実施自治体が網羅されています。


しかし、返礼品を探すことが目的である場合、このサイトは少々使いづらいかもしれません。

総務省のサイトの場合、返礼品を探していくと、ほとんどの場合が、各自治体の公式サイトのほうに誘導されてしまうからです。


そこで、おすすめなのが、「さとふる」というポータルサイトです。

最近は、大森南朋さんと鈴木奈々さんのTVコマーシャルも頻繁に流れているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

  ※「さとふる」のホームページはこちら >> 「さとふる」


総務省のポータルサイトのように全ての自治体を網羅しているわけではなくて、「さとふる」と提携している自治体の情報のみになりますが、逆に、必要かつ十分な情報だけが集まっているという感じです。

その結果、とてもわかりやすく使いやすいサイトになっています。

「肉」「魚介類」などのカテゴリー別のランキングや、申し込み件数によるランキングがあったり、「新着のお礼品」「おすすめのお礼品」などの紹介もあり、ショッピング感覚で返礼品を探すことができます。

返礼品の説明も丁寧で、各自治体の公式サイトに誘導されることは少ないです。

申し込みから決済、配送状況の確認まで、すべてがこのサイトで完結します。

また、返礼品が品切れの場合は再入荷の際にメールで連絡をしてもらえるサービスなどもあり、使いやすさの点で言ったら、断然おすすめのポータルサイトになります。







posted by ふるさと納税 at 00:06 | ふるさと納税 ポータルサイト

2016年10月11日

ポータルサイトの登場が、ふるさと納税人気の理由

前回の記事では、2015年の税制改正が、ふるさと納税の人気の大きな理由であるという話をしました。


税制改正により、寄附金(返礼品の価額)が約2倍になり、さらに「ワンストップ特例制度」により手続きも簡素化されたのです。


  ※前回の記事はこちら >> 税制改正が、ふるさと納税人気の理由


そして、このことに加えて、『さとふる』 などのふるさと納税の 《ポータルサイト》 が充実したことも、ふるさと納税の人気の大きな理由となっています。


ポータルサイトと言うのは、簡単に言うと、各サイトの方針に従い、ふるさと納税の情報をまとめた Webサイトのことです。


このポータルサイトを利用した場合のおもな利点は以下の通りです。


1)返礼品の各ポータルサイトごとの人気ランキングを知ることができる
  
  ⇒ 返礼品を選ぶときの目安になります。


2)クレジット決済が可能

  ⇒ 各自治体に直接支払うのに比べて、手続きが格段に楽になりました。
    さらに、各クレジット会社のポイントまで貯まります。


3)マイページ機能を使えば、寄附金の管理が簡単に

  ⇒ マイページ機能を備えているポータルサイトであれば、
   「あと幾ら寄付できるか」などの寄附金管理が簡単になります。


このように、ポータルサイトの登場により、ふるさと納税はより身近なものとなりました。


現在運営されているおもなポータルサイトは以下の通りです。

  ・総務省|ふるさと納税ポータルサイト
  ・ふるさとチョイス
  ・さとふる
  ・ふるなび
  ・楽天ふるさと納税
  ・ふるぽ
  ・ふるさとエール
  ・ふるさとプレミアム
  ・ふるり
  ・noma-style

posted by ふるさと納税 at 19:58 | ふるさと納税 ポータルサイト