CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】
旬の人気特産品ランキング

2019年05月14日

大阪府泉佐野市 300億円限定、ふるさと納税

大阪府泉佐野市が、「300億円限定、ふるさと納税」キャンペーンを実施しているそうです。
 



 ▸ 300億円限定キャンペーン | 泉佐野市ふるさと納税特設サイト「さのちょく」

 総務省が6月から実施するふるさと納税の新制度の対象から外れる見通しとなった大阪府泉佐野市は13日までに、寄付金への返礼率を実質6割に引き上げる新キャンペーンを始めた。新制度が始まるまでに寄付額を押し上げたい狙いがある。
 市は、返礼品に寄付額の最大3割分のギフト券を上乗せして、返礼率を実質5割とするキャンペーンを4月末から実施。「寄付額の3割以下の地場産品」などとする総務省方針に問題提起する複数のコースを設けている。(中略)寄付額5割の返礼品にギフト券を上乗せし、返礼率を実質6割とした。期限は31日までで、4月末からの寄付額が300億円に達した時点で終了する。 (「時事ドットコムニュース」より)


〔寄附金額の5割相当の返礼品 + ギフト券上乗せ = 実質6割の還元率〕
というコースまであり、我々にとっては有り難いことですが、気になることもあります。


上記ニュース記事に「総務省方針に問題提起する複数のコース」とあるように、キャンペーンの概要(コース)を見ると、完全に “総務省の方針に対抗(問題提起)する” 内容になっているのです。

加えて、「ポータルサイト手数料問題」と称するコースもあり、各ポータルサイト(ふるさと納税サイト)までも敵に回してしまっています。


これで(6月以降ずっと)、大阪府泉佐野市の「ふるさと納税制度」への復帰は、ほぼ無いと考えてよさそうです。


現在、総務省が「ルールを逸脱した」として、“6月から税制優遇(ふるさと納税)の対象外” 候補として挙げている自治体は、以下の4市町です。

  ・大阪府泉佐野
  ・静岡県小山町
  ・和歌山県高野町
  ・佐賀県みやき町

有識者で構成する「地方財政審議会」の意見を聴いた上で、15日に最終判断と告示を行うということですが、以上のような状況から、大阪府泉佐野市は間違いなく除外となるものと思われます。


たとえ対象外となったとしても、6月以前に寄附を行った分については、税金控除の対象となるものと思いますが(信じたいですが)、完全に総務省を敵に回してしまっているため、どこまで保証されるものなのか、少々不安なところがあるのも事実です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お読みいただきありがとうございます。 ヾ(╹◡╹)ノ゙

このブログはランキングに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援よろしくお願いします。
    ↓         ↓


ふるさと納税 ブログランキングへ


posted by ふるさと納税 at 01:17 | ふるさと納税 キャンペーン

2018年12月24日

肉ボリュームアップ祭り 期間延長 宮崎県都農町ふるさと納税

現在、楽天ふるさと納税の「人気のお礼の品ランキング」を見ると、第1位は宮崎県都農町の「国内産豚ウデ肉・豚モモ肉スライスセット」となっています。


 

 こちら >> 今ならおまけ付き ☆大容量☆国内産豚ウデ肉・豚モモ肉スライスセット


1万円の寄附で

 ・豚ウデ肉スライス ×1.8kg
 ・豚モモ肉スライス ×2.7kg

合計4.5kgの豚肉がもらえ、

さらには「肉ボリュームアップ祭り」ということで、今なら

 ・牛ハンバーグ ×4個(400g)

までが付いてくるのです。


これは素晴らしいです。


そして、この「肉ボリュームアップ祭り」ですが、見ると開催期間は「1月17日まで」となっています。

 肉ボリュームアップ祭り1月17日まで.jpg

 こちら >> 宮崎県都農町 肉ボリュームアップ祭り


しかし、先月にこの「肉ボリュームアップ祭り」のことを取り上げた際には、開催期間は「12月1日まで」となっていたのです。


 以前の記事はこちら >> 宮崎県都農町が、肉 ボリュームアップ祭り


どうやら、知らぬ間に開催期間が延長されていたようです。

これまた、素晴らしいことです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お読みいただきありがとうございます。 ヾ(╹◡╹)ノ゙

このブログはランキングに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援よろしくお願いします。
    ↓         ↓


ふるさと納税 ブログランキングへ


posted by ふるさと納税 at 22:04 | ふるさと納税 キャンペーン

2018年12月19日

ふるさと納税サイトふるなびで Amazonギフト券 11%に増量

先日、ふるさと納税サイト「さとふる」で行われている “寄附金額の最大10%のAmazonギフト券がもらえる” キャンペーンの紹介をしました。


  記事はこちら >> ふるさと納税 寄附金額10%のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン

  


私は、楽天ポイントが付くことから、ふるさと納税の返礼品はおもに「楽天ふるさと納税」を中心に選んでいるのですが、今回ばかりは、さとふるに軍配が上がりそうです。

・・・と思っていたところ、ふるさと納税サイト「ふるなび」のトップ画面に次のような情報がアップされていました。


  ふるなび20181231までAmazon増量中.jpg


「寄附でもらえる Amazonギフト券コード 最大11%に増量」とあります。


  

  こちら >> Amazonギフト券 プレゼント増量キャンペーン|ふるなび


これは、油断していました。

さとふるが「最大10%」ですから、数字だけを比べると、明らかにふるなびの方が得です。

しかも、この “(寄附金額に応じた)Amazonギフト券プレゼントキャンペーン” は、どちらかというとふるなびが先にはじめたことなのです。


  そのときの記事がこちら >> ふるさと納税サイト ふるなび で Amazonギフト券コードプレゼント


しかし、当時のAmazonギフト券プレゼントは “寄附金額の1%相当” であったため、それほど注目もしていなかったのです。

しかし、それがなんと

 いきなりの 10%増量 です

これは、気にしないわけにはいきません。


ちなみに、“Amazonギフト券11%付与” となる自治体は以下の通りです。(12月19日現在)

 ・徳島県佐那河内村
 ・長野県小谷村
 ・静岡県南伊豆町
 ・群馬県富岡市

まだ返礼品(自治体)が決まらない人には、有力な選択肢になると思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お読みいただきありがとうございます。 ヾ(╹◡╹)ノ゙

このブログはランキングに参加しています。
よろしければ、下記バナーをクリックして応援よろしくお願いします。
    ↓         ↓


ふるさと納税 ブログランキングへ


posted by ふるさと納税 at 21:07 | ふるさと納税 キャンペーン